夏太り解消ダイエットは危ない!

夏に向けてのダイエット。

うまくいかないこと多くないですか?

それもそのはず。

夏は一見痩せやすいようで痩せにくい季節だからです。

暑いだけに体が元気。動かせるだけに無茶をやっていまいガチ。

注意しておかないとかなり後悔します。

そうなる前に、夏ダイエットで失敗した人達の体験談を御覧ください。

水分ダイエットは胃腸、腎臓に負担大!!

夏太り解消では汗をかく方法を試す人が増えますがおすすめしません。

水分は確かに不足してはいけませんが、とりすぎても水毒といってかなり深刻な病気になってしまいます。

水はノンカロリーで汗をいっぱいかけるから痩せられると思っている人は多いのですが、汗をかいたってその分の重さが減るだけで脂肪は一切燃えていませんからね。むしろ水を吸収して体に巡らせて…というサイクルが過剰になって、胃腸や腎臓に負担をかけてしまいます。

するとさらに夏の気だるさが出てきて、必要な栄養がとれずに新陳代謝がさらに悪化。なんと余計に太りやすい結果に!

産後なんかは特に体型の変化が気になってしかたがないので、水だったら体に悪くないと水分ダイエットをやってしまいがち。でも産後のような不安定期はこのようなイレギュラーなことは特にやらないように。

産後は産後なりの痩せ方があるので、まずはそちらを学びましょう!

産後太り解消ダイエットについて

夏はタンパク質不足になりがちなので注意!

夏というと厚くてのどごしが良くて食べやすいものが好まれます。

そうめんとか冷や麦、冷麺とかそうですよね。

そのため、夏場は、特に女性はタンパク質不足になってしまい、基礎代謝が低下して太りやすくなります。

普段から炭水化物が大好きな人は問題無いというか、それはそれで太りやすいのですが、炭水化物がダメってわけじゃありません。ある程度は食べないといけません。しかし、同時にタンパク質も必要分とらないとバランスが崩れ、筋肉が落ちて代謝が悪くなります。

普段炭水化物ばっかり食べている人はこっちを参考にしてください。ダイエット中の炭水化物の代わりになるものは?

卵なんかいいですね。夏でも保管さえちゃんとして賞味期限内に食べれば問題ありませんし、暑い時でも食べやすい食材です。冷麺に錦糸卵がやハムが入っているのも、夏場に炭水化物ばかりになるのを避ける役割もあるんです。

そう考えると、そうめんや冷や麦はタンパク質不足による夏太り原因になりやすいですよね?もう少し何か工夫が必要ですよ!

サイト作成者

このサイトの作成者


他の夏ダイエット失敗談はこちら

カテゴリ

メニュー